2011年04月13日

住宅ローンの金利のこと

こんにちは。

このブログでは、知っておかないと損をする「お金」のこと、

特に「銀行ローン」のことをご紹介していきます。大阪でローンを組むなら大正銀行で

お店で買い物をしたら、ポイントが貯まって割引してもらえたり、
プレゼントをもらえたりするのと同じように

ローンでもポイントを貯めてお得なサービスを受けられるところがあるのです。

こんなふうに、現代では、ローンサービスもかなり充実してきているのです。

では、今日は「住宅ローン」についてみていきましょう。

「住宅ローン」はマイホーム購入と切っても切り離せない存在です。
オススメサイト→www.taishobank.com

とても安い中古物件でも何百万とします。
練馬区、杉並区の不動産探しはアムリッツにおまかせを。

そのため「住宅ローン」トは長い付き合いになるので、
ムリなく返済出来る自分にピッタリのローンを見つけるようにしましょう。

銀行の住宅ローンを選ばれる方が多いのはなんででしょうか?

もちろん、銀行以外でも、信販会社や消費者金融でも利用することはできるのです。
なのになんで?

なんと言っても、銀行は他の信販会社や消費者金融と比べて低金利で借り入れをすることが出来るのです。
「銀行」ということで安心して長期間のローンを組むことが出来ます。

そのかわり、銀行ローンは、審査が他のところに比べて厳しいですし、
時間もかかります。

住宅ローンは、30年、35年で組む場合が多いので、
めんどくさがらずに、たくさん比較してから決めると言うのもとても重要です。

そもそも、「住宅ローン」とは?
文字通り、自分が住むためのおうちを購入する時に利用できるローンです。

他の目的には利用できませんし、
途中から住宅ローンを借り入れすることもできません。

以下のことのみに適用されます。アンティーク雑貨・家具のル・ドゥセットアンでおうちにピッタリのインテリアを探す。


・自分が住むための住宅購入、建築、増改築のための資金
・住宅ローン借り換えの資金

他に、住宅購入のための諸費用が含まれる金融機関もあります。

賃貸用の住宅や土地だけの購入には利用できないとされていますが、
注文住宅で先に土地だけを購入する場合は、利用できます。
この場合は、通常6カ月以内に住宅を建設する旨の誓約書を入れるなど、
住宅を建築することが条件となります。


住宅ローンには金利の種類というものがあります。
詳しくはこちら→http://www.taishobank.com/


・全期間固定金利型

 最初から支払い終わるまで金利が変わらないタイプです。
 フラット35のように一部、途中で金利が変わるものもあります。
 それも、借り入れ当初に名何年目から何%に変わりますと決められています。


・固定金利期間選択型
 
 当初自分で決めた期間内だけ金利が固定され、終了した時点での金利でもう一度返済金額が
 見直されるタイプです。
 固定金利期間終了後は、変動金利型や、固定金利選択型を選ぶこともできますが、
 その時期に大幅に金利が上昇していれば、
 それだけ返済額も増えることになるので、注意しましょう。

 このタイプは、子供の教育費がかかる間は定額返済で、
 その後は金利上昇にも対応できるという方にオススメです。


・変動金利型

 半年ごとに均ちが見直されるタイプです。
 金利変動の影響をそのまま受けますが、返済額の改定は5年ごとで、
 形定後の返済額が従来の1.25倍以内というルールがあります。
 金利上昇が大きいと、返済額のほとんどを利息がしめ、元本がなかなか減らなかったり、
 利息額だけで、毎月の返済額を上回ってしまうと、未払い利息が生じるリスクもあります。

 収入に対して借入金額が少ない、共働きで家計に余裕があるという方に向いています。

 
一般的には、固定期間が長いほど金利が高くなる傾向にあります。
これから金利が上昇しそうな時は「全期間固定金利型」、
これから低くなっていくだろうという時には「変動金利型」を選択されるといいでしょう。
「固定金利期間選択型」はこの二つの中間的な存在です。
posted by りっりりりりな at 18:07| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。